入れ歯について

当医院の入れ歯の治療について

歯が不足したままでの状態での日常生活は、身体などの様々な部分に悪影響を及ぼしてしまう事が考えられます。入れ歯には色々な形状や種類があり、保険が適用されないものもあります。お口の状態にもよりますが、しっかりとした治療計画とその適応症にあった入れ歯を選択することにより、入れ歯でもしっかりと噛む事ができるようになりますので諦めずに、ご相談下さい。

入れ歯の種類

総入れ歯と部分入れ歯

歯が全く無い状態の方が使用するのが総入れ歯で、歯が1本でも残っている場合は、部分入れ歯と呼ばれております。

一般的な総入れ歯 部分入れ歯
一般的な総入れ歯 部分入れ歯

その他の入れ歯

a.金属床義歯・・通常はプラスチックで作られる部位に特殊な金属を使用して製作された入れ歯です。プラスチックに比べて金属は歯茎の形をより正確に再現できるため、口腔内粘膜の密着度が増して、より噛めるようになります。また、金属は丈夫な上、部位によってはかなり薄くできるので、お口の中の異物感が大幅に軽減できます。もちろん歯と歯肉の見える部分は普通の色をしています。


金属床を使用した総入れ歯

b.マグネット式入れ歯・・入れ歯に小型で高性能な歯科用磁石を取り付けた入れ歯で「マグフィット義歯」と呼ばれています。


マグフィット義歯

磁石式入れ歯とは残っている自分と入れ歯を磁力により強力に吸着させます。

  • ・装着と取り外しが楽にできます。
  • ・バネなどの装置が不必要ですので、見た目も自然です。
  • ・口の中で動くにくく、会話や食事もおいしく食べられます。
  • ・お手入れも簡単です。