顎関節症

これらの症状がある場合は歯科医院などで専門医にご相談する事をおすすめいたします。

  • 口を動かすと顎からカクカク、コキコキなどの雑音がする
  • 口を開けたり、閉めたりすると痛い、だるい
  • 口が大きく開かない、閉じないなどの開閉障害がある
  • 噛み合わせが変わったような感じがする

顎関節症(TMD)とは

顎関節症とは顎関節や噛み合わせの異常が要因となって生じる様々な症状の総称です。これにより顎機能などに運動障害や不具合が生じます。また、特徴として圧倒的に女性に多くみられ、患者年齢も20〜30歳位がもっとも頻度が高いといわれております。
顎関節症には、安静にしているだけで治癒してしまうものから、専門的な指導や治療が必要なケースまであり、様々な症状を呈します。

顎の関節図

下顎頭が上顎のくぼみにあたってしまう事によって顎から音がしたり、痛みがおこったりします。

顎関節症の原因

顎関節症の主原因としては、歯の噛み合せの異常による顎の運動障害、くいしばり、食物の咀嚼時の悪習慣による顎関節への過度の負担、関節形態の異常または、精神的なものまで考えられます。

当医院の治療方針

顎関節症は生活上のいろいろな因子が症状の出現に関係することがわかってきました。顎関節の症状の改善には歯科医院に通院しておこなう治療も大切ですが、それ以上に重要なのは患者様が自宅にて行う家庭療法や日常生活での注意事項となります。顎関節症の原因や症状は患者様によってそれぞれ違うものですので、患者様自身が自己管理する姿勢を持って、歯科医師と共に治療するという心構えが必要です。当医院での治療(飲み薬、スプリント療法、高周波治療、筋肉のストレッチなど)は、そのような自宅療法を行うための指導や手助けとなります。

当医院の治療方法

1.診査
・問診表の記入とアンケートによる原因の診査
・問診、触診や口腔診査・顎運動の診査
・レントゲン撮影による顎関節の診査
・歯型模型による噛み合せの観察
2.診断と治療方針の決定
3.治療
・悪習慣の是正による治療
・噛み合せの調整と再構成(矯正・補綴物の交換)
・筋肉の運動とストレッチによる治療
・マウスピース(スプリント)による治療
4.経過観察と評価及び再診断経過を観察しながら、場合によっては治療方法を変える事も必要となります。