小児歯科

小児歯科では乳歯から永久歯に生え変わるまでのもっとも大切となる期間の予防・治療や矯正により、正常な歯列育成までの全般にわたるサポートを行ないます。

永久歯列になったときの理想は

  1. (1)きれいな歯で
  2. (2)きれいな歯並びで
  3. (3)きれいな咬み合わせ
予防〜「0」歳からの検診(歯は生後6か月ではえてきます)
・子どもの食生活、歯磨き指導
・フッ素塗布、洗口
・遊びを兼ねた治療トレーニング
治療〜進行初期の虫歯の発見、治療(乳歯は進行が早い)
できるだけ低年齢からのフォローが何より大切と考えています。
予防の観点からもそうですが、定期的に来院していただくことにより、歯医者に慣れてもらいながら恐怖感を取り除いてもらうことがこの段階では重要となります。
万一虫歯になって治療するときも、そのほうがずっとスムーズとなります。
矯正〜小学校低学年頃からの早期矯正が理想です
「歯並びは大きくなってから治せばいい」のではなく、場合によっては、個々の成長に合わせた早期の処置が重要となります。
それにより将来、本格的な矯正治療が不要になるケースも多く、もし治療が必要になったとしても治療が簡単になることも多いのです。